Skip navigation Scroll to top
Scroll to top

長年にわたる変革

BiLは、中央ヨーロッパに支店を開設し、やがてイギリス諸島や極東にも支店を開設しました。このようにして、BiLはますます国際的な商業銀行へと発展していったのです。

国際的な成長

新境地を開拓:国際化と成長

BiLの新たな国際化戦略は、スウェーデン人の登場によって始まりました。1981年、創業者であるクリスチャン・ノルグレン会長は、銀行の拡大に向けた道を歩み始めました。

BiLは、リヒテンシュタインの金融機関としては初めて海外に駐在員事務所を開設しました。1982年1月28日、ヨーロッパの中心地であるロンドンで業務を開始しました。その1年後には、リヒテンシュタインに近いルガーノ、ジュネーブ、チューリッヒにも駐在員事務所が開設され、BiLはインベストメント・アドバイザリーやアセットマネジメントに特化したサービスを提供しました。

A pioneering step: LGT opened its doors in Hong Kong in 1986.
More information 先駆的な一歩:1986年に香港で開業したLGT。

アジアへの進出

1986年、BiLが株式公開した年には、アジアへの進出も果たしました。将来を見据えた一歩として、香港に拠点を開設いたしました。

経済が発展し、税金も安い香港には、世界中の金融機関が徐々に集まってきました。しかし、1997年から1998年にかけて発生したアジア危機により、香港は大きな打撃を受け、回復するかどうかもわからない状態に陥りました。多くの外資系銀行は、不確実性が高まったこの地から突然撤退しましたが、LGTは留まりました。

2000年に入って間もなく、香港と東京への進出に続いて、シンガポールにも銀行を開設しました。シンガポールは当時、アジアで唯一、S&PとMoody’sからAAAの格付けを受けていた国でした。LGTは、アジアにブッキングセンターを有する数少ないプライベートバンクの1社となり、アジア全体のマーケットは、シンガポールをメインに提供することが可能となりました。

Setting its sights high: LGT in Hong Kong was followed by many other branch openings in Asia.
More information 高い目標を掲げて:香港のLGTに続いて、アジアで多くの支店が開設されました。

21世紀を迎えた次の10年間は、アジアと中東での拡大を特徴としています。2011年にLGTは香港で銀行ライセンスを取得し、2012年にはドバイに支店を開設、2016年にはABN AMROのアジア・中東地域のプライベートバンキング事業を買収し、2019年にはバンコクに支店を開設しました。