Skip navigation Scroll to top
Scroll to top

コレクションへの情熱

リヒテンシュタイン公爵家のコレクションは、アートのプライベートコレクションとして世界で最も重要なもののひとつです。

リヒテンシュタイン公爵家の人々は、400年以上にわたって美術コレクションに情熱を注いできました。この間に、5世紀におよぶヨーロッパの重要な美術作品からなる、世界で最も重要なプライベートコレクションのひとつが構築されました。現在このコレクションは、公爵家がウィーンに所有するリヒテンシュタイン・ガーデンパレスに所蔵されています。

リヒテンシュタイン公爵家コレクションは 、芸術庇護というバロック時代の理想に根差しています。当時のパトロンたちは、美術の振興を自らの義務と考えていました。リヒテンシュタイン公爵家は代々この理想を追求し、今日に至るまで、積極的収集方針の枠内で継続的に所蔵品を追加しています。コレクションそれぞれのテーマに沿って、最も優れた美術作品が慎重に選び抜かれ、コレクションをより豊かに、より幅広いものにしています。

H.S.H. Prinz Philipp von und zu Liechtenstein, Honorary Chairman LGT

「私たちファミリーの美術品コレクションは、数世紀以上にわたって収集されたものです。これは、私たちの考え方や行動の指針となる長期的な視野を如実に表しています。」

 

H.S.H. Prinz Philipp von und zu Liechtenstein, Honorary Chairman LGT