Skip navigation Scroll to top
LGT
VALUES WORTH SHARING
Scroll to top

持続可能な銀行: LGT プライベートバンク 

サステナビリティはLGTの企業文化の一つです。

金融機関の枠を超えて:持続可能性への取組み

すべての人々は、自身の社会的責任や企業責任を果たして、より良い未来を作るために貢献する義務があるように、金融業界は、構造改革や技術革新を通して、持続可能性の実現に貢献することができ、またそうしなければなりません。また、資本を配分する投資家あるいはインベストメント・アドバイザーとして、欠くことのできない変革プロセスにおいて重要な役割を担っています。

LGTは、金融業界が事業を通して持続可能性を追求することは、環境や社会等に対する社会的リターンのみならず、経済的リターンも享受することにつながると確信しています。

価値観に基づき持続可能性を追求する金融機関

LGTは早い段階から持続可能性を追求してまいりました。長期的思考に則って行動することは、私たちの特長のひとつです。そのため、長年にわたり、自身の事業内容、つまり中核となるプライベートバンキングおよびアセットマネジメントビジネスの両方において、サステナビリティへのコミットメントをさらに強化するために取り組んでまいりました。

LGTは、当社の価値観を体現する従業員と共に、すべての事業を通して、お客様、会社、社会、環境に対して息の長い取り組みを行っております。その一環として、2030年までに当社の事業および投資に伴うCO2排出量をゼロにすることを目指しています。また、LGTならではのサステナブル投資やサステナブルファンドをお客様にご案内いたします。

私たちは、2018年に発効したLGT Sustainability Strategy 2025を実施しています。この戦略では、当社の事業活動のすべての分野において、サステナビリティをさらに配慮することを目的として、2025年までに達成すべき目標を設定しています。

LGTサステナビリティレポート

最新のサステナビリティ・レポートでは、私たちが自ら設定したサステナビリティの目標、それらを達成するための方法、そして持続可能性を追求する金融機関として、より良い未来の実現に貢献するために近年行ってきた活動について説明しています。

LGTサステナビリティレポート 2020 (PDF)

メンバーシップ・パートナーシップ

気候変動、社会的不均衡、政治的分断化などの問題に取り組む唯一の方法は、協力し合うことです。そのため、私たちは広範なステークホルダーの方々と定期的に対話を重ねています。また、さまざまな専門機関との連携により、サステナビリティの推進に努めています。

Ursula Finsterwald, Head Sustainability LGT Private Banking

「私たちは、金融機関として、投資家と資金を求める企業の仲介役を担い、投資した資金が持続可能な社会の構築に活用されるよう、LGTならではの卓越した専門知識に基づいてアドバイスを提供し、透明性をもって投資に伴うプラス或いはマイナスの影響をご案内いたします。」

 

Ursula Finsterwald, Head Sustainability LGT Private Banking